スポンサードリンク

来夢パルテノライド 話題の3大成分配合サプリメント

来夢パルテノライド 話題の3大成分配合サプリメント【感動通販 幸せ屋】


感動通販 幸せ屋

話題の成分ギッシリ!ナツシロギク・赤唐辛子・大豆胚芽抽出物・18種類のアミノ酸配合
posted by entanokamisama at 18:50 | 日記

失踪した、時津風部屋の時ノ海は、今どこにいるのだろう。時ノ海の両親は、なぜ捜索願いを出さな いさないのだろうか。

警察の事情聴取で、リンチの内容に関して、唯一本当のことを言ったとされる時津風部屋の時ノ海 (本名:野原隆度)沖縄県出身27歳は、事情聴取後、突然、行方不明になってしまった。まさか、警察(署長)と元時津風がタッグを組んでいるとは知らずに、つい本当のことを言ってしまったのである。
時ノ海は、逃走したのか、それとも、口封じのために抹消されたのか。
そのうち、遺体が発見されるのではないか。(死亡原因は、心筋梗塞。
ただ、全身に打ち身傷と、タバコを押しつかれた跡が見られた。ってね。)
参照2チャンネル
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/sumou/1191462740/1-100
posted by entanokamisama at 17:24 | 日記

ボクシングには厳しいが、相撲には甘い、やくみつる

日本相撲協会は再発防止委員に任命された、やくみつる氏はタレントでありスポーツ評論家として、社会情勢や世の中の動きを的確に見ており、適切な意見を期待していると理由ずけをしている。
大の相撲ファンでもある、やく氏に、亀田親子に向けたような、激しい言動が期待できるか、要、注目!。みえみえのパフォーマンス親子とマスコミにでない、影の陰湿、殺人集団と、どちらが悪質でしょう。もっと、厳しいコメントを出したほうが良いのでは。逆に相撲協会にとりこまれたような感じだ。
リンチ再発防止策より、けいこの名のもとに、土俵の上なら人を殺しても罪にはならないという相撲界の暗黙のルールが、彼らをして確信犯とならしめたわけである。けいこなのか、どうなのか、いまだに検証中とは、大笑いだ。消防署員によると、死んでいたのは、風呂場で、しかもまわしを付けていなかった。問い詰めると、けいこで、身体が汚れたので、洗ってやった。といっている。
当初から、回しは、付けていなかったと思った。
なぜなら、大腿部にかなりのやけどと、タバコで焼かれた跡、陰毛が焼かれていたと報道されていたからである。まわしをつけていては、陰毛を焼くことはできないだろう。また、大腿部には、無数のアイスピックのような鋭いもので、刺した跡があった。恐らく素っ裸ににして、数人で、下半身に攻撃を加えたのだろう。これが、けいこですか。前歯は7本もおられ、鼻は折れてひんまがり、耳はつぶれ、半分裂けている。目は陥没し、ほほは、ざくろのように裂けている。ひたいは、裂けて、陥没している。肋骨は、数本折れている。腕も曲がっていることから、折れていたと見られている。これがけいこですか。木刀や、バットでなぐり、ビールビンで額を割るのがけいこですか。死亡当日、親方の前で数人に暴行されているのを、見ている通行人がいても、けいこですか。
それでも、まだ、逮捕も立件もできないのですか。
これは、いじめを通り越した殺人事件だ。なぜなら、今後、土俵に上げようと思っら、身体に見えるような傷は付けられないだろう。TVで日本全国の人の目にさらされるわけだから。腿にタバコの焼けど跡とか、鼻が曲がったり、前歯なかったり、耳がなかったらどうするのだろう。はじめから、土俵に上げるつもりがないからである。そんな姿で土俵に上げたら、ばれてしまう。はじめから始末をしてしまう気だったのだろう。けいこ中に死んだことにすれば、事件にはならないとういうまさに確信犯である。小中学生でもわかる、わかりやすい事件だ。
相撲は、日本の国技だ。文科省も、相撲協会も、病院も、警察も、必ず守ってくれるという甘い期待と、絶対ばれないという隠蔽工作により、逃げ切れるかというところだろう。
だからこそ、もっと、相撲界の裏の裏まで知っている、やくみつる氏に期待?したいのだ。相撲界に甘い、やくさんと言われないようにね。
posted by entanokamisama at 16:41 | 日記

国技を守るためには、人の命をないがしろにしてよいのか。

時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊さんが急死した問題を受けて発足した日本相撲協会の再発防止検討委員会の外部委員に、漫画家のやくみつる氏とNHK解説委員の山本浩氏が就任することになった。
というニュース内容に対して、テレビ朝日の某コメンテーターは、”ボクシング界より相撲界の方がまだ、ましですね。”と語った。
今や、相撲の話題より、亀田親子いじめのほうが、視聴率が取れると思っているらしい。とんでもない話だ。人がリンチ殺人されても、闇に葬られてしまうほうがもっと問題だ。この国はどうなっているのか。
はじめから、勝てると踏んだ世界ランキング14位の大毅を指名したのは、チャンピオンサイドだということを忘れずに。世界チャンピオンが、世界ランキング14位に負けるということはまずないし、ましてや普通なら、挑戦権すら与えられない。完全に、できレースだということだ。
こんな試合にまじめに討論、批判すること自体がナンセンスである。
そんなことより殺人を隠蔽しようとする警察と相撲界の実態にせまったほうが、本当の意味で悪を裁くことになると思う。
タグ:相撲
posted by entanokamisama at 14:34 | 日記

腐り切っている愛知県警と犬山警察署と犬山中央病院。警察を取り締まる警察はないのか。

なんのことはない。最後にとどめを差したのは、親方だった。
報道の内容では、親方が、最後をみとったというニュアンスだったが、誰しも、ひょっとして、親方が、最後のとどめを差したのではと、疑いを持ったと思う。そのとおり、親方が、やったのです。
参照
http://zara1.seesaa.net/article/58106528.html

また、犬山警察署が、新たに、死亡診断書の病名を書き換えていたことがわかった。急性心不全を虚血性心疾患に書き換えていたのだ。もっとも、もとの急性心不全もでたらめだが。(元監察医上野氏談)
一連の報道にしてもソースは、警察報道がベースであるからして、どこまでが真実かわからない。現に、本日のテレビ報道では朝稽古の見学に行った方で、亡くなった当日、親方が座って見ているなかで、3、4人が暴行を加えているのを見ていたのだ。当初は暴行は前日のみとされていたのだが、まだ真実が見えてこない。一方、長野県警は、捜査員400人を派遣し宗教法人女性会員のリンチ殺人で逮捕者を21人とした。
同じ警察で4ヶ月たっても立件できず、隠蔽までしている警察。
おそらく、このままでは、証拠不十分で立件できず、一件落着か。


posted by entanokamisama at 14:59 | 日記

愛知県警の捜査を何百万、何千万の人々が、注目している。ネット社会を軽視するとたいへんなことになる。

スポーツにおいては、亀田親子に厳重処分でわきったっているが、相撲の殺された斉藤君においては、これほど大騒ぎになっていながら、警察は、まだ捜査中だという。6月に事件がおこってから、もう10月だというのに。
実は、ネットでは、現在の状況が6月に時点で、すべて予想されていたのだ。Google検索でのキイーワードは”犬山署、癒着、時津風”と97件が検出された。
1件目は、6月の時点と現在の状況が全く変化がないこと。
http://wannabe.fam.cx/service/2ch_02/read.cgi?newsplus/1183038180/

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/rights/1182175376/59-159

2件目は、10月15日現在の状況
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liveanb/1192418116/

http://newsoku.blog60.fc2.com/blog-entry-331.html

警察は、はじめから事件を隠蔽しようと疑いがある。
もっとも、週刊誌等では、すでに報道済みのネタだが。

posted by entanokamisama at 20:32 | 日記

勝てば官軍負ければ賊軍。内藤・亀田戦

11日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅選手(協栄)に対し、日本ボクシングコミッション(JBC)は12日、倫理委員会を15日に開催して処分を検討することを決めた。
亀田大選手はこの試合で頭突きなどの反則を繰り返し、最終12回にはチャンピオンの内藤大助選手を抱え上げて投げ飛ばすなどで計3点を減点されたとのこと。
しかし、録画したビデオを見てみると、頭突きなどの反則は、内藤が先に再三仕掛けている。また、クビをしめるなどのクリンチ。ゴングが鳴って、相手が手を下ろした瞬間のパンチ。亀田大毅が、滑ってしりもちをついた時、まだ立ち上がっていないのに、後ろから、後頭部への、危険パンチ。それに対して、思うようにならない、試合展開にぶちきれてしまった、大毅は、クリンチで、最終回をしのごうとする内藤に腹を立て、投げに入ったのだ。
大勢は、内藤の味方だ。結果は、亀田家のボクシング界追放にある。
しかし、内藤の実力では、次の防衛線で、おしまい(引退)だ。前チャンピヨンとの、防衛戦が、すでに決まっているからだ。
デビュー1年半の18歳の子供に、33歳のベテランが、四苦八苦するのだから、たいした実力ではない。
posted by entanokamisama at 20:13 | 日記

愛知警察はなぜ、時津風親方を逮捕、立件出来ないのか。

警視庁荒川署が武蔵川部屋に所属する山分親方を傷害容疑で9月26日に書類送検していた。時津風親方にくらべれば、はるかに小さい出来事だった。
これだけ、世間を騒がせ、事情聴取、遺体の行政解剖も済んでおり、なにが問題で立件できないのだろうか。
そもそも、当初から、指摘のように、身内が、事情聴取をして、真実がでると思っている文科省も、なにか真実が出ないことをわかっていて、調査させた疑いがあるし、愛知県警のなかなか立件に踏みきらないのと、なにか関係があるのではないか。かたや、武蔵川部屋は、警視庁に書類送検され、集団リンチをし死亡させた時津風親方は、逆切れで、無罪を主張している。しかし、これで立件できなければ、マスコミ、世論が許さないし、大相撲は、自然崩壊へと突き進むだろう。

posted by entanokamisama at 15:26 | 日記

時津風親方はやっぱり、隠蔽工作。さあどうする、相撲協会。世論は絶対許さないぞ。

10/3日、時津風親方は他の親方が事情聴取している最中、相撲協会に届出なくフジテレビの「スーパーニュース」に出演し斉藤さんが死亡した問題について弁明を繰り返した。ビール瓶で殴ったのかとの質問に「叩くんじゃなくて、たまたま(瓶の)カドが当たって出血した」と釈明。さらに兄弟子が金属バットで殴ったことには「お尻を叩いたので、私は駄目だと言った」と弟子に全面的な責任があると発言をした。また、報道された内容も事実と違うと反論した。
また、各理事に延命工作をしており、解雇にはならない可能性がある。
当ブログが当初より指摘のように、案の定、様々な工作をして、延命工作を計っている。身内の親方による事情聴取も、答えは同じ。
どうも時津風親方は、日本の警察とマスコミ、世論をなめているようだ。
報道の内容は、大半が、警察からの取材であることをわかっていないようだ。また、行政解剖とその内容も公開されているので、専門家からみれば、なにがあったのか、一目両全。
これで、うやむやにするようだと、もはや、相撲界は終わったも当然。
時津風部屋は、壊滅状態になるだろう。
日本全国の世論が、絶対に許さないだろう。
posted by entanokamisama at 08:29 | 日記

試されている北の湖理事長の資質と、渡海紀三朗文部科学相の資質。

時津風親方の処分を決める理事会が5日に開かれる見通しで、兄弟子からの聴取はその前に行う。 北の湖理事長は東京・国技館で報道陣に対し、「視野に入れていかないといけない」と話した。

また、渡海紀三朗文部科学相は、北の湖理事長の時津風親方に対する聴取が、報道(これは、実質、警察取材による報道)と食い違っているので、弟子からも聴取して欲しいとのコメントを述べた。
一般的に、内部調査は、信用できないのが、通常の感覚であるが、なぜ、警察がすでに調査し、報道までされているのに、もう一度事情聴取を行うのか、疑問です。当然のことながら、弟子たちは、本当のことは言わないだろう。北の湖理事長といえども、身内であるから、本当のこと言ったら、あとが怖い。ここは、親方と同じですというに違いない。例え、本当のこと言ったとしても、北の湖理事長は、矮小化して、話すだろう。
そういったことは、だれにも察しがつくわけで、渡海紀三朗文部科学相は、北の湖理事長の資質を試しているわけである。
もし、それをうのみにするのであれば、両者とも、世間一般の常識から、かけ離れているし、ただちに、国民は、現在の職を解雇請求すべきである。
posted by entanokamisama at 08:23 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。