スポンサードリンク

愛知警察はなぜ、時津風親方を逮捕、立件出来ないのか。

警視庁荒川署が武蔵川部屋に所属する山分親方を傷害容疑で9月26日に書類送検していた。時津風親方にくらべれば、はるかに小さい出来事だった。
これだけ、世間を騒がせ、事情聴取、遺体の行政解剖も済んでおり、なにが問題で立件できないのだろうか。
そもそも、当初から、指摘のように、身内が、事情聴取をして、真実がでると思っている文科省も、なにか真実が出ないことをわかっていて、調査させた疑いがあるし、愛知県警のなかなか立件に踏みきらないのと、なにか関係があるのではないか。かたや、武蔵川部屋は、警視庁に書類送検され、集団リンチをし死亡させた時津風親方は、逆切れで、無罪を主張している。しかし、これで立件できなければ、マスコミ、世論が許さないし、大相撲は、自然崩壊へと突き進むだろう。

posted by entanokamisama at 15:26 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。